プリントTシャツはひび割れないものを

プリントTシャツは日常的に使用するにもいいですが、子供の部活の
ユニフォームやイベント用にも使用することができます。少しでも長く

ですが、部活やイベント用として使用する時は、ロゴやプリント部分が
ひび割れないように注意したほうが良いでしょう。

ロゴやプリントは洗濯に強い素材のものを使用するのもいいですし、
万が一剥がれたとしてもすぐに取り付けることができたり
貼れるものがいいでしょう。

Tシャツは何度も洗濯して使用することが多いですから、Tシャツを
制作する時はTシャツの素材だけでなく、ロゴの素材にも注意しましょう。

簡単にひび割れしないものは洗濯時の注意も減っていいです。
そして、プリントされているものはそのプリントが色落ちしないことにも
気を付けなければいけません。もったいない

色落ちして他の洋服に色が付いてしまうようなことがあれば大変ですし、
Tシャツも色が付いた服も駄目になってしまいます。

洗う時のことも考えて制作していくといいでしょう。

プリントTシャツの剥がれを補修してもらう

オリジナルで作成をしてプリントTシャツは
大事に着るようにしたいものです。

自分で苦労して考えたプリントTシャツですので、
少しでも長く暗れるようにしたいはずです。オリジナリティ

そのためにも、洗濯の際には柔軟剤を使わない様にしたり、
乾燥機に書けない様にしたりして
Tシャツを守っていく事です。

しかし大事に着用しているというのに、プリント部分が
剥げてくる場合があります。

Tシャツ自体も伸びたりして傷んできているというのであれば
あきらめもつきますが、まだまだ着れる綺麗な生地なのであれば
そのまま処分するのはもったいなく感じてしまいます。嬉しいこと

自分でプリント部分のはがれを補修するのは難しいですが、
業者に依頼をすれば補修してくれるようなところもあります。

補修が可能なのであれば、また着ることが出来るようになりますので、
Tシャツを業者に見てもらうようにしましょう。

状態によって修理可能な場合がありますので、
まずは可能かどうか判断してもらう事です。