前撮りスポットとして人気の京都の禅宗寺院

前撮りとは結婚式や披露宴とは別の日に新郎新婦がドレスや着物で正装し、記念写真を撮影することです。前撮りにはスタジオ撮影や由緒ある神社仏閣で行うものがあり、中でも人気なのが京都にある萬福寺での前撮りです。

萬福寺は日本三禅宗の1つに数えられる黄檗宗の大本山で、京都府宇治市にあります。1661年に中国の禅僧によって創建されました。中国明朝様式の伽藍を創建当初のまま今に残し、境内にある伽藍建築群は国の重要文化財に指定されています。

その特徴は他の禅宗の寺院と違い、中国的な雰囲気が色濃く残る点です。そのため、日本にいながら異国情緒溢れる記念写真が撮影できるとして前撮りの人気スポットになっているのです。

広い境内には数多くの撮影スポットがあります。中国風の建築群や美しい庭園を背景に写真撮影することもできますし、畳のある和室での撮影なども可能です。

和装に合うスポット

自分たちのお気に入りの場所を見つけて、バリエーション豊富な記念写真を撮影することができます。また、春には桜、秋には紅葉の絶好のロケーションの中での撮影が可能になります。

結婚式や披露宴を洋装で臨む新郎新婦が前撮りは和装で行うケースが多いです。他の神社仏閣とは一味違った雰囲気の記念写真を残すなら、中国風の建築群が建ち並ぶ境内での撮影を行ってみてはいかがでしょうか。

前撮りは早めに事前予約や確認をしておくのがポイント

萬福寺で前撮りをする場合、当日までに決めておきたいのが撮影スポットや衣装、時期についてです。当日の撮影がスムーズに進むように早めに決めておきましょう。

広い境内には絶好の撮影スポットとなる場所がいくつもあります。当日にどの場所で撮影するのか迷うこともあるかもしれないので、あらかじめ下見をしておくといいでしょう。

なお、ロケーション撮影で心配なのが天候の問題ですが、雨が降っていても和室での撮影ができるので問題はありません。

境内では和装を着用することになりますが、自前で用意する必要はなくレンタルが可能です。ただ、肌襦袢や足袋などに関してはレンタルできない場合もあり、持込みになるのか買取りになるのかなど、事前の確認が必要です。

また、懐剣やかんざしなどの小物もセットでレンタルできるのかどうかも確認しておきましょう。
撮影の時期については結婚式の2か月から3か月前が目安です。

結婚式の1か月前に前撮りを行うと記念写真が間に合わず、結婚式で使えなくなる場合もあるからです。また、春や秋は桜と紅葉の季節で、絶好のロケーションが見込めることから予約が殺到します。

早めに事前予約をしておくのが大切です。

早めの事前予約

前撮りでは、撮影スポットや衣装、時期選びがとても大事になります。具体的な内容が決まったら早めに事前予約をし、体調管理にも気を配り当日を迎えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)