オリジナルプリントTシャツを作るときは著作権に注意

体育祭や学校祭、文化祭など楽しいイベントにクラス全員共通の
プリントTシャツを着たら仲間意識も絆も一層深まり、
より良い思い出づくりができること間違いありません。効果がある

また、会社や趣味、サークルなどでも同じようなことが言えるのですが、
そこに宣伝効果による営利が発生してしまうと一気に著作権の侵害という
マイナスがついてしまうので、注意が必要です。

ただ単にプリントTシャツを作成するだけなら問題はありません。気持ちを表す

著作権のある絵や文字を使ったプリントTシャツを作った場合、
そのどこかに会社名が入ってしまったり団体名が入ることにより、
宣伝効果が少しでも発生した場合営利に直接つながらなくても
営利目的として著作権の利用の料金を支払う必要がでてきます。

また、許可なく使用してしまえば損害賠償請求をされる可能性もあるので、
会社などの営利企業にとっては著作権のある絵や文字などは
プリントTシャツの作成には使用しない方がいいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)