卒業式の和装は人気が高い

卒業式には、男性と女性問わず和装に人気があります。昔はスーツや洋装が一般的でしたが、オシャレな人も増えて、和装姿が多くみられるようになりました。

振袖か袴かで悩む人も多く、自分の好みに合わせたものを選ぶ人も増えてきています。最近では、振袖をリメイクして母親が昔着ていた着物を式で着る女性も多くなりました。

袴と振袖を合わせて着る人が多く一般的になりましたが、振袖を成人式用につくっている人は、そのまま大学や専門学校を卒業するときに利用しても素敵です。

振袖を着る

大切なことは、自分の好みに合わせて着ることです。振袖は、袴に比べて動きは小さくなるので、前撮りで振袖を利用することもポイントです。

写真の専門店では前撮りの予約を行っているので、相談してみるのも良いでしょう。式とは別に振袖だけで写真をとっておくのも素敵です。

お店によっては、両方レンタルすることができるので、2枚合わせてとることもできます。前撮りをしておくことで式の当日に慌てなくて済むので、予約の流れもスムーズにできます。

時期が重なると込み合うことが予想されるので早めに写真撮影を考えておくことも大切です。早めに予約することで、自分の好みの柄を選ぶこともできます。

和装を選ぶ時のポイント

卒業式で振袖を着る場合は、足袋をはいて草履をはくことになるので、季節や土地柄天気のことも考えると足元を気にする人も多いです。

着物をきるのに慣れている人は、歩く所作もスムーズなので問題がないですが、初めて切る場合は、袴を選ぶ人もいます。

多くの人は袴を選ぶ中、振袖は華やかで人目をひくので目立ちます。家族と相談して決めるのも良い方法です。

最近ではSNSの流行で、友達と合わせてみんなで袴を選ぶ傾向が高いです。袴の場合は、足元がブーツなので歩く時もスムーズです。

寒い地域や、雪が降った時は草履より、ブーツのほうが歩きやすいという理由から袴を選ぶ人も多くいます。式の後に友達同士で街に出かけて食事会をする人もいるので、和装で振袖を着る時は式の後のことも考えておくことが大切です。

振袖は圧倒的に目を引くことと、振袖か袴かで迷った場合は家族の意見や、自分の好みに合わせて選ぶと当日の式に自信を持って参加できます。

写真は前撮りを予約しておくことで、安心して準備ができるのでおすすめです。振袖か袴かで迷ったときは、前撮り写真で2枚撮影しておくことも選択の方法です。

写真の撮影

大事なセレモニーなので、自分が着たいと思うものを選ぶようにしましょう。

 

七五三は前撮りを行っておくことがオススメ

七五三の際にはスタジオや写真館を利用することで前撮りを行うことができますが、予算などの関係で実施するべきかどうか悩む人は少なくないです。

お参りの当日に自分たちのスマートフォンなどを利用して撮影を行えば良いと思っている人も多いですが、何度もあることではないのでプロに依頼することがオススメだと言えます。

プロに撮影を依頼

スタジオや写真館を利用して前撮りを行うと、自分たちで撮るよりも美しい写真を残すことができますし、当日とは違った衣装を着て撮影することも可能です。

あらかじめ撮る場合は時間に余裕があるので、納得のいくものに仕上げやすいという利点もあります。
七五三のお参りをする当日は想像以上に忙しいことが多いです。

特に年齢が小さい場合や、兄弟や姉妹がいる場合はお世話に忙しくて撮影どころではない可能性が高いと言えます。
子供が疲れてしまって良い表情を撮影できなかった、カメラを任せられる人がいなくて家族そろって撮ることができなかったという問題に繋がることも多いです。

前撮りをしていないことで後悔してしまうケースはとても多いので、満足のいく撮影を行いたい場合は事前にプロに任せて実施しておくことがオススメだと言えるでしょう。

着物で撮影すれば年賀状にも使えるので便利

事前に撮影を行っておくのであれば、着物で撮ることがオススメです。
可愛らしいドレスやかっこいいタキシードなどの洋装を選ぶこともできるのですが、和装であれば年賀状にも使いやすいというメリットがあります。

写真館やスタジオで撮ったものはデータとして受け取ることができるので、データを持っておけばお正月前に年賀ハガキに好みの写真を印刷することができて便利です。

子供がドレスを着たがっているなどの理由がある場合は、どちらも撮影できるプランを選ぶことがオススメだと言えます。
スタジオや写真館では衣装のレンタルができることが多いので、自分たちで衣装を所有していなくても和装の撮影を行うことが可能です。

特におじいちゃんおばあちゃんで孫の着物姿を見たいと思う人が多く、祖父母に送るのであればなおさら着物が良いでしょう。
ただし、プランによってはデータが含まれていないことがあり、データを受け取ることができなければ年賀ハガキに印刷することができないので注意が必要です。

思い出として残しておくだけではなく、活用したいという気持ちがあるのであれば着物で撮影して次の年のお正月に活用できるようにしておきましょう。

データを取っておく

伝統的な日本髪スタイルで前撮りを

京都ならではの和の風情が漂う場所での前撮りは、伝統的な日本髪スタイルがよく似合います。

今のトレンドはどちらかというと洋髪スタイルが人気ですが、日本髪は日本人に似合う髪型です。

和風の髪型

代表的なのはかつらをかぶる文金高島田で、白無垢には文金高島田の上に白い綿帽子を被ったスタイルが一般的になります。

綿帽子は日本女性の奥ゆかしさを表しており、結婚式が終わるまで花婿以外の人に顔を見られないようにという意味があります。

実際の結婚式はウェディングドレスで挙げるけれど、前撮りで白無垢姿を残しておきたいという人も多くいます。

綿帽子以外にも、角隠しと呼ばれるものもあります。
角を隠して夫に尽くすという意味があり、白無垢だけではなく色打掛や引き振袖にも用いられます。

白無垢に合わせれば品が良くまとまりますし、引き振袖に合わせると凛とした美しさが感じられます。

また、最近のかつらは昔に比べると小さめで、軽く作られています。
装着するのも簡単ですし、頭が重くなるのではないかといった心配もありません。

それから新日本髪と呼ばれるスタイルもあります。
これは日本髪を結いやすくアレンジしたもので、地毛を使って簡単に結い上げます。

ヘア小物は衣装と合わせてコーディネート

前撮りで和装をする際には、髪に飾る小物と衣裳の色味をトータルコーディネートするのがおすすめです。

ヘア小物には主に、かんざしや生花などがあります。
ヘッドドレスやリボンをアレンジすることもあり、バリエーションが豊富に揃っています。

赤が基調の色打掛の場合には、赤い色をヘア小物に取り入れると統一感が生まれます。
淡い色合いの和装をする際には、差し色として濃い目の生花を髪に飾るのもおすすめです。

前撮りの前に、実際に着用する衣裳に合った小物を選んでおく必要があります。

前撮りの小物

また、和装をする際にはごちゃごちゃした印象にならないように、髪の毛はアップにするのが基本です。
色打掛などは柄が華やかなので、長い髪をたらしているとうるさく感じてしまいます。
すっきりとシンプルにまとめる方が、色打掛の柄が引き立ちます。

生花をヘアアレンジに使用する際は、季節感のあるものを選ぶとお洒落な雰囲気になります。
かんざしなども花をモチーフにしたものは、季節感を演出するのに役立ちます。

例えば、春に前撮りを行う際には、桜のかんざしを髪に飾ると春らしさが感じられます。
ヘア小物は飾り過ぎるとバランスが悪くなってしまうので、適度に抑えるのが美しく見せるポイントです。

当日は忙しいから前撮りでゆっくり撮影を

成人式であれば、その式の当日に写真を撮影すればよいと思うかもしれません。

しかし、当日は式の時間もありますし、多くの友人との再会などがあるために
時間がとりにくくなってしまいがちです。

都合が合わない

式の後には友達と交流する時間もとりたくなるものですから、
撮影をすることが難しくなるのです。

家を出る前は、普段とは違うおしゃれをすることになりますから、
その時間もかかることになります。

そうなるとゆっくり撮影が出来ないということになってしまうでしょう。

京都の町は素敵な雰囲気を持つことも多く、写真撮影場所として
素敵な面もありますが、きちんと時間をとって撮影しないと、
思うような写真が残せないということになりがちです。

京都では周囲に観光客なども多く、タイミングを計るのが難しいこともあるのです。

忙しさのあまりに服装に乱れが生じるなどということになれば、
せっかくの写真も台無しになってしまいます。

それを防いでいくためにも、別に時間をとって前撮りをしていきましょう。

前撮りによって落ち着いた状態で撮影に向かうことが出来、
綺麗な写真を残しやすくなります。

京都の町で撮影するなら、ぜひ前撮りで素敵な写真を残せるようにしていきましょう。

タキシードでも素敵に仕上がる

成人式の写真というと、イメージ的に和装を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、それだけではなく洋装のタキシードなどでも
素敵な写真を残すことが出来るのです。

少し大人びた服装で写真を残したいというときにはぴったりです。

きちんとした格好をして写真を撮ることで、大人としての自覚も
生まれやすくなるのではないでしょうか。

成人式は和装でも、写真は洋装のものも残しておきたいという事もあるでしょう。

そういった時には前撮りの機会を利用して両方撮影してみるという事もおすすめです。
こうした特別な格好をして写真を撮るときには、撮影のシチュエーションについても配慮していきたいところです。

写真館の中だけで撮るのではなく、たとえば京都の街並みとともに
撮影するなど、変化を付けてみましょう。

前撮りなら余裕を持った撮影が可能です。歴史ある上品な街並みは和装だけではなく洋装にもよく合います。

大人になるという大きな節目を迎えた時にぜひ記念に残る写真を
撮影しておきたいものです。

何を着用するのか、どのようなシーンで撮影するのか考え、
希望がかなえられるようなところを選んでいきましょう。

希望の考案

きっと一生の思い出に残る写真が撮影できるようになるでしょう。