「八坂の塔」の周辺がオススメの理由

京都市内には多くの観光スポットや見どころがありますが、
清水寺から寧々の道に至る産寧坂・二年坂周辺は
和装姿の前撮りにオススメです。

法観寺(通称「八坂の塔」)の周辺は昔ながらの京町家が
立ち並んでおり、趣のある街並みをバックにして
美しい写真を撮影することができるからです。

この地域は現代的な看板や電線・電柱が撤去されていますし、
道路には石畳が敷かれているので前撮りに最適です。

東大路通りから産寧坂に向かう途中の道は急坂が続いていますが、
地形の高低差を上手に活用することで他の観光客が
フレームに入らないように写真撮影をすることができるでしょう。

前撮りの環境

二年坂は観光スポットとして大変人気があるので
常に混雑していますが、産寧坂の周辺は少し人が少なくなるので
落ち着いた環境であるということもオススメの理由のひとつです。

2階の出窓格子が特徴の京町家が立ち並ぶ昔ながらの街並みは
和装姿にマッチするので、京都市内の観光スポットの中で
絶対にハズせない前撮りスポットといえます。

ちなみにこのエリアは若い女性の観光客の間でレンタル着物を利用して
和装姿で散策できる場所としても人気を集めていて、観光シーズンになると
多くの着物姿の観光客を目にすることができます。

カラフルな八坂庚申堂とは

二年坂・産寧坂の周辺は昔ながらの和風の街並みが続いていますが、
法観寺のすぐ近くにある「八坂庚申堂」もオススメの前撮りスポットのひとつです。

このお寺の正式名称は大黒山金剛寺庚申堂といい、天台宗の寺院です。
こちらのお寺にある「庚申堂」は日本で初めて中国の道教に由来する
「庚申信仰」を広めたことで知られていて、今から千年以上前の
平安時代に建立されたとても古いお寺です。

「八坂庚申堂」の一番の見どころは、カラフルな布で作られた
お手玉のような「くくり猿」です。

ペンで願い事を書き込んでお堂に吊るして「欲」をひとつだけ我慢すれば
願い事がかなうといわれています。

これは境内で販売されていますが、人気が高いので夕方になる前に
売り切れてしまうことがあります。

朱色の門や御堂に吊るされたカラフルな「くくり猿」は
お寺の外からも見ることができ、インスタ映えのスポットとして
若い女性の間で話題を集めています。

「八坂庚申堂」の門や境内のカラフルなお堂は和装姿との相性が
抜群なので、一生の思い出になる前撮りにおすすめです。

あらかじめフォトウェディングのお店に予約をすれば「庚申堂」は
お寺の境内でも写真撮影ができるので、前撮りをお考えの方は
検討してみると良いでしょう。

前撮りの写真撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)